二人の女性

キャップは誰にでもできる簡単おしゃれ

笑顔の女性

いつものおしゃれに一味加えて、違ったものにしたいなら、キャップを被ってみるのがおすすめです。しかし、自分にはどうもキャップは似合わないと毛嫌いしている方も多いのではないでしょうか?キャップが似合わない人なんて本当はいないんです。自分に合ったキャップの選び方を知るだけで、おしゃれの幅は今以上に大きく広がります。丸顔の方の場合は、野球帽のようなキャップがおすすめです。丸い形になっている為、頭の形にも合います。前の方を浅めにしてかぶると全体的にメリハリがつきます。
面長の方の場合は、高さのあるキャップだと顔がさらに長く見えてしまうため、浅く平たい形のキャップを選ぶのがベストです。その際、出来るだけ深くかぶるようにすると、面長の顔を少し小さめに見せてくれます。
四角い顔の方の場合は、比較的どのようなキャップでも似合います。キャップの被り方や、キャップ自体のデザインによって雰囲気を自由に変えることができるため、自分で色々なアレンジを加えてみるのがおすすめです。
一口に「キャップ」といっても、その種類は様々です。自分にはキャップが似合わないと思う原因には、そもそもキャップをかぶっておらず、かぶりなれていないということが大部分を占めているのではないでしょうか。まず、色々なキャップを、色々な方法でかぶってみましょう。あなたに合ったキャップがきっと見つかるはずです。